お洒落な優れもの、シーリングファン

マイホームを計画するとき、色々な憧れを実現させたいのは誰でも同じですよね。でも、そんな憧れも、心地よいお部屋があってこそです。天井の高い素敵なリビングも、その空間が快適でなければ台無しです。

そんなとき、快適な空間づくりに役立つのがシーリングファンです。モデルハウスやちょっとお洒落なお店で、天井からプロペラのようなものが下がっているのを見たことがあるかと思いますが、それこそがシーリングファンです。天井でくるくる回っているだけで何となく素敵な空間、ということもあるかもしれませんが、もちろんそれだけではありません。シーリングファンの大切な役割は、空気をかき混ぜて、お部屋全体の温度を一定にすることです。

夏の盛りに冷房がなかなか効かずイライラする、冬は暖房をつけても暖まるのに時間がかかる、そんなことになるのを少しでも避けるために、シーリングファンは大いに役立ちます。つまり、冷房や暖房の効率が上がるということです。また、窓を開けないと少し暑いけれど、花粉症が辛い、でも冷房をつけるのはまだ早い気がする、なんていう春の日、そんなときにもシーリングファンがあるかないかの差は大きいです。

吹き抜けもシーリングファンで快適に

高い天井は部屋を広々と感じさせてくれますが、その分部屋の温度管理は少し難しくなります。冷たい空気は足元に、暖かい空気は天井にたまるという性質があるので、天井が高くなればなるほどシーリングファンの必要性は高まります。視点を変えれば、シーリングファンがあれば、空調の難しい吹き抜け空間の温度管理もしやすくなるということです。

この空気の流れを頭の片隅に置いといて頂ければ、きっと素敵なお家づくりの一助になると思います。

注文住宅のメリットは、何と言っても自由に、自分好みの家造りが可能だという点でしょう。逆に、デメリットとしては、完成までの期間が長いため、入居までに時間がかかる事です。