目的に合わせた住宅会社を選ぶ

人生における買い物で住宅が最も高額になるはずです。高額な買い物だからこそ十分に検討し、住宅会社は比較検討をして絞っていく必要があります。各社はメリットを強調する傾向がありますが、デメリットには触れてこないことが多いです。住宅会社によって得意・苦手分野が異なりますので、何に重きを置くかが重要になります。とにかく費用を安く抑えたい、住宅設備を充実させたい、サポートや保証にこだわりたいなど、施主によって目的は異なります。

気になる住宅会社が見つかったら見積もりを出してもらいましょう。よい住宅会社を探すには相見積もりが役立ち、それにより各社の強み・弱みが見えてきます。施主が住宅会社選びでこだわるポイントは低価格と高品質であり、どちらを重視するかが重要です。同価格なら高品質の会社、同品質なら低価格の会社を選びましょう。

生活動線は生活の利便性に直結する

注文住宅を建てるときは外観やインテリア、水回りなどにこだわりを反映させたいです。一方で生活動線に関しては軽視してしまう人が多く、実際に住んでから不便を感じる人は少なくありません。部屋のスペースは十分にあっても、家具や家電を設置すれば狭くなります。これらのサイズや配置場所は生活動線に大きく影響し、動線に問題があると実際のスペースよりも狭く感じてしまいます。

生活スペースのなかで最も場所を取るのは家具だと考える人が多いですが、実際は人だと言われているのです。家具が勝手に動くことはありませんが、人は自由に動き回ることができますし、家族が一人増えれば持ち物を置くスペースが必要になるので確実に部屋は狭くなります。一人暮らしのときは狭さを感じなくても、二人暮らしになると急に狭いと感じてしまうケースは少なくありません。生活動線について考えるときは、将来の家族構成も検討して決める必要があります。

住宅ローンの審査を有利にする

一括払いで注文住宅を購入できる人は多くはありません。大多数の人は住宅ローンを組んで購入する現実があります。住宅ローンの審査に通過できなければ、住宅の購入はできないわけです。ローンには審査基準が存在しますが、内容を公表している金融機関はないです。審査基準は極秘情報となっており、内部の人間以外は把握できません。ただ借入希望額が審査に大きく影響するのは確かであり、希望額が1,500万円と2,000万円では後者のほうが審査のハードルは高くなります。希望額を抑えて審査を有利にするためには、頭金を多めに確保する対策が効果的です。

名古屋の注文住宅は多くの建築会社が手掛けています。施工例などを調べて自分の希望に合った会社を選びましょう。