コストを大幅に軽減することができる

賃貸オフィスの利用における大きなメリットとして挙げられるのがコストの軽減です。新規で事業を立ち上げるとなった場合、机を始めとした事務用品はもちろんのこと、コピー機やシュレッダーなどのOA機器など様々な設備を購入しなくてはいけません。賃貸契約でスペースを借りることで、購入に比べて初期費用を最小限に抑えることが可能です。インターネットが完備されている所であれば、プロバイダー契約によって発生する費用の支払いも必要なくなります。

自由なレイアウトで使うことができる

利用者の中には、レンタルオフィスと賃貸オフィスを混同して考えている人も少なくありません。借りるという点では同じように感じますが、レンタルオフィスは業務に必要な設備が全て配置された状態で使用するのが基本となります。それに対して賃貸オフィスはスペースのみを借りて設備は自身で用意する形となるので室内のレイアウトを自由に行えるのが強みです。業績に伴う拡張が必要になった場合に柔軟に対応できるのは大きなメリットと言えます。

会社の資産として残すことができない

様々なメリットがある賃貸オフィスですが、利用においてデメリットになる点もいくつかあって、その一つが継続的な出費です。文字通り賃貸契約という形で利用するため、毎月家賃の支払いが発生します。場所によって若干異なりますが、都心など利便性の高いエリアは家賃も高くなってしまうので、長期的に使用する場合に大きな出費となってしまうので注意が必要です。また、自社の所有物ではないため、資産として残せない点も考慮する必要があります。

地価が高い地域は賃貸オフィスもかなりの金額になる可能性が高いです。中央区で賃貸オフィスを借りる時も一般的には同様ですが、築年数や駅からの距離を考慮すると安く借りられる物件もあります。