防犯面から見た駅近物件の魅力

多くの方々が声にする駅近物件の魅力といえば、通勤通学に便利など、その利便性に優れた立地条件が思い浮かびますが、実際にはそれだけではありません。賃貸契約を交わす際にはこうした一般的な意見だけでなく、自身のライフスタイルや求められる生活環境を視野に入れた、十分な検討を通じた最終判断が大切です。たとえば女性のひとり暮らしの場合、駅から遠く街灯や人通りが少ない立地条件では、事件に巻き込まれてしまうリスクが想定されます。駅近で常に人通りがある通勤通学路を利用できれば、早朝や深夜の単独行動の不安も軽減されるでしょう。常に不特定多数の往来が確認できる駅近物件は、防犯という視点から検証しても、より安全性に優れた立地条件であると考えられます。

悪天候時の移動に際してのメリット

ゲリラ豪雨など異常気象が全国各地で懸念される昨今、悪天候時の通勤通学時にそのメリットを実感できるのも、駅近物件ならではの特長です。全身ずぶ濡れになってしまうリスクの軽減だけでなく、滑りやすくなった道路に足をとられての転倒事故など、二次的なトラブルを回避する上でも、移動距離の短さは大きな魅力です。最寄り駅まで自転車に乗る必要がある距離に位置する賃貸物件と比較すれば、その違いは歴然です。駅から離れた同じような条件の物件と比較した場合、家賃の割高である傾向が否めませんが、駐輪場利用料金や長距離移動に潜むリスクは、単純に金額面の大小だけでは判断できません。候補となる物件で暮らし始めた後に想定される、さまざまな状況を視野に入れた検討をおすすめします。

千歳の賃貸物件の中でも、新千歳空港により近いエリアや航空機の航路の下にある物件では、防音工事がされているかどうかを注意したいところです。