注文住宅は2つの種類に大別できる

注文住宅の魅力は既にできあがっている家を購入する建売住宅と違って、間取りや内装、外装の色などを自分で決めることができるという点にあります。人生において最も大きな買い物と言うことができ、その後長く住み続けるマイホームの購入に際して、納得できる形のものを作ることができますが、その注文住宅も2種類に大別することができ、それぞれに特徴があると言う事はあまり知られていないのではないでしょうか。
注文住宅は、フルオーダー住宅とセミオーダー住宅に大別することができます。前者は間取りから建材に至るまで様々な点を指定することができるもので、後者は基本的な仕様ががあらかじめ決まっていて住宅設備や外壁の色などを依頼者が決めることができるものです。

セミオーダー住宅の需要が圧倒的に高い理由

フルオーダー住宅は、細部までこだわった世界に1つだけのマイホームを作ることができますが、その分費用も高くなり、完成までの時間も長くなります。このため、経済的にかなり余裕があり、家の完成まで長い時間待つことができる時間的な余裕がある人向けのものだと言うことができます。
セミオーダー住宅はフルオーダー住宅に比べて費用を抑えることができ、完成までの期間を早くすることができるので、より一般的な需要が高くなっています。また、基本的な仕様は決まっていても必要に応じて設備のアップグレードやダウングレードを行うことができたり、間取りも依頼者が決めることができたりと、ある程度希望に合わせた形にすることができる点も高い支持を集める理由です。

福岡の注文住宅ならば、外観やインテリアにこだわったマイホームを叶えられます。無垢材や天然素材など、安全性の高い素材を使用することもできます。